住信SBIネット銀行の口座を開設。開設した理由と開設手順

マネー関係

近年、店舗を持たないので多銀行と比べ高金利かつ、手数料の低いネット銀行を使用する人は増えているのではないでしょうか。私もネット銀行を愛用しており、ソニー銀行と楽天銀行の二つの口座を持っていました。今回はこれらの口座に加えて、住信SBIネット銀行口座開設の手続きを行ったので記事に致します。将来的に証券口座を開きたい方も持っておいて損はない銀行口座であるので開設をおすすめします。

今回の記事の概要

  • ネットで簡単に申込可能
  • 本人確認はスマホでOK
  • デビットカードがつくれる
  • 手数料の無料回数が多い
  • (SBI証券と連携できる)

ネットで簡単に申込可能

住信SBIネット銀行はネット銀行ということもあり、簡単に申込できます。

今回私はスマホで申し込みをしたのでその手順を示します。

まずは、住信SBI銀行と検索してアプリをダウンロードします。

一番上の住信SBIネット銀行をインストールします。

アプリを立ち上げるとこのような画面がでてきますので、口座開設をタップ。

記載の顔写真付き本人確認書類をお持ちであれば「はい」を選択。

ここも、日本のみにお住まいであれば、「日本のみ」を選択。

本人確認書類の提示方法は2つあります。

ひとつは、スマホで本人確認する方法、もうひとつは本人限定受取郵便で受け取る方法です。

皆さん忙しいと思いますので、わざわざ家で本人確認書類を受け取るのも億劫だと思いますので、スマホで本人確認することをおすすめします。簡単にできます。

今回はオンライン口座開設で進めます。

ここでは「反社会的勢力ではないことの表明・確約」をタップして同意するをタップ。

個人情報の入力

「同意する」をタップした後は、個人情報の入力です。

以下の項目を入力します。

  • お名前(漢字)
  • お名前(カナ)
  • 生年月日
  • 性別
  • 郵便番号⇒住所検索して詳細を入力
  • 電話番号
  • 職業
  • メールアドレス(きちんと受け取れるものを使用してください)

ここまでの情報を入力後はカードの種類を選びます。

銀行カードは2種類選択できます。

1つめはデビット付きキャッシュカードと認証番号カードが一緒になったもの、

二つ目は、認証番号カードのみです。

ここで二つ目の認証番号カードのみを選んだ場合、現物のカードは発行されません。

この場合アプリですべての操作を行うことになります。

かなり先進的な感じがしますが、わたしはデビット機能付きのものを選択しました。

次にカードの選択です。ここも好きなデザインを選択してください。

どれを選んでも機能面で差はありません。

最後に同時申込の案内があります。

こちらは、必要に合わせて申し込むと良いでしょう。

筆者はなにも申込しませんでした。

  • ミライノカード
  • SBI証券口座
  • SBIネオモバイル証券

これらの申し込みが同時にできます。

筆者も本格的に外国ETFの買い付けに使うときは、手数料の一番安いSBI証券を使うかもしれません。

最後にキャンペーンコードですが、友達紹介コード等お持ちでしたら入力ください。

こちらが終わりましたら、情報を送信すると、口座開設申込受付のお知らせがメールにて届きます。

本人確認はスマホでOK

ここからはメールに送られてきたURLにアクセスして、本人確認の書類の撮影を行います。

運転免許証やマイナンバーを準備してURLにアクセスし、生年月日を入力して自分の情報で間違いないか確認します。そのあとは、本人確認書類の撮影と、自身の顔の撮影をします。

以下に本人確認できる書類をリストします。

  • 運転免許証、運転履歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • パスポート(住所記載のもの)
  • 住民基本台帳カード(写真つき)
  • 特別永住者証明書
  • 官公庁が発行した身分証明書で写真付きのもの
  • 公の機関が発行した資格証明書で写真付きのもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)

ちなみに私は、再アップロードのメールがきて再び書類の写真を撮らなければなりませんでした。

カメラや光の具合でエラーがかなりでるので、めげずに写真を撮りましょう。

ここまでで口座開設の手順は終了です。

デビットカードが作れる (開設理由はここ)

住信SBI銀行はデビットカードが作れます。

デビットカードは、使ったときに使った金額が口座から引き落とされるカードです。

クレジットカードのように信用が不必要なため、だれでも作れるところが魅力です。

私の初めて作ったデビットカードは高校生のころでしたが、アマゾンでカード払いが使えるので非常に便利になって感心した記憶があります。それまでは、購入のたびにファミリーマートで支払いを行っていました。

このようにクレジットカードが持てない人が使えるカードなのです。

現在は必要性がほぼなくなったのですが、私がなぜデビットカードを申し込んだのかというと、

仕訳が簡単になるのではと考えたからです。クレジットカードでは、商品を購入するときと、支払いがずれることで仕訳が少し面倒です(会計ソフトがやってくれるが確認がしやすい)。

デビットカードは支払ったら引き落とされるので、会計が楽です。

(間違っていたらご指摘ください。簿記は学習中です。)

また、この住信SBI銀行はブログの収益化の入金先にしようと思っています。

収入の管理というところをこの銀行に担ってもらおうと思っています

(まだまだ収益化は遠い道のりなのですが)

こんな私には、SBI銀行とデビットカードが都合がいいと考えています。

手数料無料回数が多い

銀行のATM手数料はもう、高校生のころから払っていません。

振込手数料は資格試験でどうしても必要だったので払った経験がありますが。

手数料はできれば払いたくないというのが、銀行を使う上での考えでしょう。

住信SBIネット銀行はお金の出し入れを無料で行える回数が非常に多いです。

余談ですが、以前は、ソニー銀行が最強でした。セブン銀行では何度でも入出金が無料でした。しかし改悪され、月4回までになってしまいました。

それはおいておいて、住信SBI銀行ではスマプロランクに応じて無料で入出金できる回数が決まります。

しかも4段階のランクのうち、2へは、スマート認証NEOを登録するだけで上がれます。

ランク2では月5回のATM利用手数料、月5回の他行あて振込手数料が無料になります。

これは非常にありがたいですね。

また、

定額自動振込サービス、定額自動振替サービス、定額自動入金サービス

といった、お金を移動させる便利な機能があります。

こういった面で非常に使いやすいネット銀行になっています。

(SBI証券との連携)

今回は申込しませんでしたが、SBI証券も同時に開設しておくとよいと思われます。

というのも、外国株式購入の際には、為替手数用を支払う必要があります。

これは、日本円をドルに変換しなければいけないからです。

この変換が各SBI銀行と証券の連携で証券会社最安になります。

詳しくは今後記事にしていきますが、連携機能はかなり優秀です。

まとめ

今回、住信SBIネット銀行口座を開設する手続きについて紹介しました。

手数料の無料回数の多さや開設手続きの簡単さから、口座開設すべき銀行口座であると考えています。

今後、この口座がどのように使われていくか、紹介できればと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました